インスピレーション動画の最近のブログ記事

韓国のシンの映像です。

 

明けましておめでとうございます!今年も宜しくお願いします。

POI REVOLUTION

ワールドポイクロック、シーズン1終了しました!

以前Facebook上で見せてもらった衝撃的なポイの映像。すっかり忘れていたころに新しい動画をまたおくってくれたので紹介します。

すごくかっこいい!

もうハリウッド顔負けなレベル。たぶん本職が映像関係なのでしょう。

いやそれだけじゃなくて、衣装とか衣装につけたLEDとか、何もかもがハリウッドなレベルですごいです。
あんな衣装着たらかってに強くなってしまえそう。

先日妹がいけなくなったとのことで、チケットを譲ってもらった東京事変のライブに行ってきました。

メジャーアーティストのライブはBjork 来日の武道館以来、その前はマドンナでした。

椎名林檎の歌唱力は本当に素晴らしい。圧倒的な声量で、Bjorkのときに感じたものに近い力強さでした!
演奏もカッコイイ、照明がものすごいことになっていた、きっと凄い照明家の人がいたのでしょう。
Idevian Crew のダンスも入っていました。映像もスクリーンを上下左右移動させたりしつつ曲ごとに演出をかえていて、総合的なエンターテインメント空間を作っていました。

そう、エンターテインメント、パフォーマンス、舞台。ポイもパフォーマンスアート、一緒に見に行くのがダンサーであればなおさら。楽しみながらも、パフォーマー視点になりいろいろと吸収したい、勉強モードになります。そんなメモ日記です。

映像は違うライブのものですが、こんな風に躍動感あふれる感じのライブを堪能することができない、横浜アリーナの一番上の一番後ろ、見事に最後列でした(笑
素晴らしい歌声に素晴らしい演出、カッコイイ演奏だったけど、舞台上で何が起こっているかは見えずとても残念!

やっぱり会場全体に一体感を持たせるためにあのサイズならば大きなスクリーンに舞台上の映像を流すべきだと思う。舞台演出用の映像はあったけどそれとは別にあった方が良い。
「実は本人じゃなかったんだよあれ、」
といわれてもそうかもしれない、と感じるくらい小さくて見えなかった。正直あの位置では満足できなかった。。。
ビョークのときはもう少し近かったけど、より酷かったと思う。映像を投影するものが一切なくてもやもやしたライブだったのを覚えています。
逆に今回は前の方にいた人は絶対に楽しかったと思う。衣装は何度も変えていたし、椎名林檎本人にも振り付けがあり一緒に踊っていた(ようだった)。きっと半分くらいのサイズの会場ならみんなが満足できる舞台だったと思う。

舞台上のダンサーもOSCAの映像では凄く面白かったけど、あの大舞台ではあまり見栄えがしないなぁと思った。
きっとIdevian Crewnoのパフォーマンスは表情まで見えて、日常の中にある非日常的な雰囲気が面白いから、あの距離でスクリーンにもうつっていなければあまり見栄えがしないのだろうと思った。
舞台アレルギーが最高に面白かったから次回の公演もきっと見に行くのだけれど。

近い距離で見せるパフォーマンスと、大きな舞台で見せるパフォーマンスは当たり前だけどまったく見せ方が異なる。それを再認識できてとてもよかった。
EJCでも同じことを感じた。最後尾で照明の少ないなか見るパフォーマンスはこんなにも魅力半減なのか、と。

きっと自分のパフォーマンスは小~中サイズまでしか対応できない、同じ舞台に自分がたっていたら、と考えると一番後ろで見ている人には伝わりにくいと思う。
それでも手に何ももっていないダンスと比べるとポイを持てば大きいし、光るし、舞台に向いた演出には間違いないと思った。
大きい舞台向けのパフォオーマンスも作っておきたい。きっと大ちゃんが出たならばみんな大満足に違いないんだろうな。

ダンサーが踊ったり、映像演出がでたりするたびに、
「ああいうエンターテインメントの舞台にポイが使われるべきだ!」
そう強く思った。3人入ればきっと派手に盛り上がる。5人いたら圧倒的。
なんでまだこういうエンターテインメントの舞台の演出として、ポイを目にすることがないのだろう、と思った。
それはつまり自分の活動が足りていないのだと再認識した。

能動的三分間をライブでみて、凄くかっこよかった。そしてある思いつきもあった。
ああ、3分間て言えば本気で回せばポイがちょうど燃え尽きるくらいじゃないか。この曲に合わせてパフォーマンスをつくり凝った映像をとっておけばひょっとしたらどこからか本人に情報がたどり着き、あの舞台に立つことができたかもしれない。
と。
もちろんあの曲は完成されていてそこにポイは余計だと思うけど、アプローチとして好きなアーティストの曲でパフォーマンスを作りこみ、アピールするということも可能だということ、そしてそれをいままで積極的にやってこなかったこと。

ポイがメジャーになるときに、いつかはテレビ等でも流れることになるとおもう。
そのときにどうやって映るか。

そういう話を海外でNickらとしたことがあった。

ちゃらちゃらした感じのアーティストの後ろに安っぽくで出されたくはない、「アーティスト」として理解のある人にポイを使ってもらうのが良い。
何人か名前があがったけどBjorkとかはまさにアート。そういう人がポイをどこかで使ってもらえたら良い。
きっと東京事変、椎名林檎にも格好良く扱ってもらえると思う、解散しちゃうけど。

そういう素晴らしいアーティストの人たちに面白い、そう思ってもらえるに値するパフォーマンス映像を作って発信していくべきだ。
そのためにもっとポイ、パフォーマンスに真剣に取り組もう。そういう情熱がわきあがった。

つまり東京事変解散ライブにエネルギーを注入された。行ってよかった!

ちなみに、マドンナのライブは最高でした。

マドンナのことを知らなかったけど、いって世界中で絶賛される理由を体験しました。
エンターテインメント性ととアート性を同時に見せることを完璧に行い、まったく非の打ち所はありませんでした。遠い席でしたが大満足でした。
もし来日したら絶対見に行きたい!

きっとThis is it が本当に公演されればすごかったのでしょうね・・・。

​ ​ ​ ​ ​ ​ ​ ​ ​ ​ ​ ​ ​ ​ ​ ​ ​ ​ ​ ​
Date Title
2012年1月 5日 00:27
止まらない、止められない!ポイの映像作品 『POICLOCK - ポイクロック』 を公開しました。
2011年12月24日 製作期間1年以上の超大作の映像作品『POICLOCK - ポイクロック』を公開しました! きちんと概要をまとめてからポイコミュニテ
2011年10月31日 18:17
Marvin + Flowtoys = Awesome !
春、Flowspaceに行ったときに撮った映像、僕がアメリカに行く際のスポンサーをしてくれたFlowtoysへの御礼にMarvinのビデオとYuta &
2011年9月 3日 16:14
EJC8日目 Piryokopi - FireGala
送信者 2011_08_13 EJC8日目 昼、BMWにコウメイ君のショーを見に行く。
2011年8月30日 02:15
FUSHIGI(フシギ) ボール日本上陸!バンダイ(BANDAI)から10月販売開始
ついにアメリカからやってきましたFUSHIGI ことコンタクトジャグリングボール! FUSHIGIとコンタクトジャグリングの歴史は以前書いたFUSHI
2011年6月18日 11:19
Sony Tablet
ソニーのCMの最初にコンタクトボールっぽいものが現れてドキッとしたので紹介してみます。 こんな感じのポイやジャグリング動画をいつかつくってみたいなぁと思って数年
2011年6月14日 00:34
Kiev Fire Festival
キエフファイアフェッスティバルの映像です。 ああ、もうため息しか出ません。 ループすごっ!! おしゃれで素敵です。これがプロなんだなぁと、ため息混じりに拍手。。
2011年6月11日 18:24
Friendly Fire
昨年フィンランドのEJC後、ポーランドからドイツまで一緒だったドキュメンタリー映像をとっていたMenzaとSebastian。先日トレイラーが公開されていたので
2011年6月 6日 23:45
【更新】FLOOOOW : 撮影の裏側 Canon Kiss X4 + X5 映像作品
2011年5月、アメリカで撮影した LOOOOP x Flowtoysの映像。 Camera は Canon Kiss X4 / 550D と Can
2011年3月28日 14:03
LED制御によるダンス@NHKデジスタ
先日NHKのデジスタという番組で行われたダンス選手権を見ました。シャキーン!に出演してからNHKのEテレでいろいろ面白い番組があることに気づきました。 優勝者:
2011年3月10日 13:20
イデビアンクルー 排気口
動画を発見しました! そう、これをみて衝撃を受けたのです。 明日パフォーマンスだから早くねなきゃ!でもこの作品は見たい! という葛藤をJJF2008本番前日のホ
2011年2月 7日 17:35
Canon Kiss X5 600D T3i 動画 Movie サンプル
キャノンの新型カメラKiss x5が発表されました。 Canon Kiss X5 公式ページ / Canon Kiss X50 公式ページ そのカメラで撮影した
2010年12月24日 22:15
MJ
今日はテレビでThis is it やっていましたね。 僕は昨年映画館で見て以来マイケルの魅力に取り付かれ、PS3 This is it パックを購入しブ
2010年10月14日 13:35
EF8-15mm F4L フィッシュアイ USM
キャノンから販売されるズーム魚眼レンズ、しかもLレンズ。 Lレンズはキャノンの高級レンズに与えられる称号で、赤いラインが入っているレンズです。 すご
2010年10月 7日 18:01
ジャグリングステージ チャンネルppqp
ふとホームページを見る機会があり、見とれてしまったので紹介します。   気になります。。 ppqphttp://ppqp.web.fc2.com/hp
2010年4月29日 08:32
Kiss X4 スローモーション 動画 Temple of Poi Expo
canon Kiss x4 のHD 60fpsで撮影された映像です。炎が作る空気の層の揺らめきまで見えます。こんな映像が当たり前に撮れる凄い世界になってきました
2010年4月13日 18:47
Arcanum project スタッフ
二人でのコンビネーション、かなり面白いです。 ロシアのパフォーマーがどんどん新しい世界を開拓しているのですごいです!
2009年11月30日 16:01
7D Movie
Canon EOS 7Dで撮られた映像です。 ちょっと僕も本気で映像作品をとりたいです。
2009年11月22日 21:45
ラテアート
東京に来て初めて飲んで衝撃を受けたカプチーノ。新宿の東口のスタバで飲んだときなんじゃこりゃ!と思いました。 地元の友達に「ナイナイがラジオで言ってたけど、東京に
2009年10月20日 15:28
プロジェクターと映像編集 椎名林檎
椎名林檎さんは最も尊敬するアーティストの一人です。 毎回PVの映像も素晴らしい! そしてこの映像を作った監督もすごい! この映像のアイデア、どうにかPOIとPO
2009年9月 2日 12:48
Tom
フランスから来たThomasのさよならファイアー練習会@新宿雑技団に行ってきました。 フランスのレベル高い!!Thomasは18歳。今後も楽しみです!
2009年5月20日 00:10
Fire All Stars !!
去年アメリカに行ったとき、Fire grooveが一生懸命撮っていたPOIドキュメンタリー、 この前のFiredrumsでついに完成してました!&nb