コンタクトジャグリング動画の最近のブログ記事

ついにアメリカからやってきましたFUSHIGI ことコンタクトジャグリングボール!

FUSHIGI_R.jpg

FUSHIGIコンタクトジャグリングの歴史は以前書いたFUSHIGIBALLの道具紹介のところでご覧ください。。

名前は商品名としてFUSHIGIとされていますが、紛れもないコンタクトジャグリングボールが大手玩具メーカーBANDAIから大々的に販売されることになりました。

つまりこれはヨーヨーやフープなどと同様にコンタクトジャグリングがメジャー入りすることが99%確実となったということです!

いま活躍しているおこたんぺさんんはますます忙しい人気者になっちゃいます!

そしてコンタクトジャグリングの難しさに参ってしまった子供たちがポイをまわし始め、

「あれ、ポイのほうが簡単で楽しいや!みんな~!外でポイ回そうよ!」

とポイがやがてコンタクトジャグリングを超える人気玩具として定着・・・

という妄想話ではなくて、コンタクトジャグリング界の歴史に残るであろうFUSHIGI(フシギ)の上陸をわれわれはどう見るべきか?ということを今日は書きたかったのでした。。

日本でのFUSHIGI-フシギ-

ただ指をくわえてFUSHIGIがTVやネットで広がっていくのを待つのではアメリカのような好ましくない敵対関係に発展する可能性があります。

われわれコンタクトジャグラーはどう対応していくべきでしょうか!?

アメリカで、コンタクトジャグラーに最も違和感を与えたのはそのプロモーション動画でした。

いかにもアメリカを感じさせるコマーシャルでコンタクトジャグリングの幻想的で芸術的な雰囲気を前面に出したものではなく、どこかタネがありそうな誰でもできちゃうおもちゃに見える、コマーシャルコマーシャルしたプロモーション動画です。
そのためコンタクトジャグリングに対する世間の考えが「アート」や「ジャグリング」ではなくただのおもちゃとされてしまいました。それまで長い年月を費やしコンタクトジャグリングを練習してきたアーティストたちへの評価も「タネ・仕掛けがあるおもちゃで人を惑わす大道芸人」となってしまい、アーティストたちの中にFUSHIGIに対する敵対心がうまれることになりました。(と僕は見て・聞いて、理解していますがちがったらご指摘ください)。

もしあなたがまだコンタクトジャグリングをよく知らず、FUSHIGIを検索してこのページにたどり着いたならご注意ください。誰でもできる!と書いてあるFUSHIGIですが、数あるジャグリングの中でも最も地味で時間のかかる練習が必要な道具です。もちろん練習すれば比較的すぐにできる簡単な技もありますが、滑らかな動きは買ってすぐできるものではありません。
※逆にポイは誰でも基本技はすぐできちゃいます!⇒Fushigiは難しそうだからポイを始めようかな?という方は今すぐこちらへどうぞ。 

われわれ日本のコンタクトジャグラーはすでにそういった経緯を知っているので万が一アメリカのFUSHIGIと同様のスタイルでFUSHIGIがメディアに広がろうとしても、対策は立てられると思います。
そしてなによりメインアクトと勤めるパフォーマーはFUSHIGIとコンタクトジャグリング界をつなげるイケ面ファイアーダンサーTOMO君です。コンタクトジャグラーもファイアーダンサーも、「ああ、TOMO君がやるなら良いね」と頷いてしまう男です。
彼の人柄がまずアメリカ的なノリのFUSHIGIにはさせないと思うし、良い形でFUSHIGIとコンタクトジャグリングを日本に広めてくれると思います。

とここまで書いて日本版PVを再確認しました。

あれ?なんか変な声が入ってますね・・

「イッツアメージング」「コレハホントニフシギー」※それぞれゆっくりと発声。

って、そんなバカな!

「ワタシハ中国人アルヨー」

っておでこに中と書いた人が言うくらい胡散臭いじゃありませんか・・・ この流れは非常にマズイ!

いくらトモが格好良くったってこの胡散臭さはコンタクトジャグリングの幻想的な雰囲気とはかけ離れていて違和感を感じます。

すでにYoutube動画には低評価がたくさんつけられて真っ赤っ赤だし(好評価をつけたのは初見で押したワタシですが取り消したくなりました) バンダイさんどうか軌道修正を!!

せっかくトモにハットをかぶせてお洒落にしているのだからもう少しお洒落さやかっこよさを出したプロモーション動画を作ってももいいのではないでしょうか?

参考までに正しいFUSHIGI(コンタクトジャグリング)動画をお送りします。

コンタクトジャグリング(FUSHIGI)のパフォーマンス動画

FUSHIGIの作る商業的なイメージにコンタクトジャグリングのアート性を消されないようわれわれがこの先出来ることは、単に否定的になることではなく、これまで自分たちが好きで練習してきた素晴らしい文化をFUSHIGIブームに合わせて広げるため、より良い提案をし自らも行動していくことではないでしょうか?

BANDAIはもちろんコンタクトジャグリング(FUSHIGI)を売るために、見る人の興味を引くような、購入に至りやすいようなCMを作るでしょう。10秒、20秒といった短い時間で売り上げをだすための動画を作る場合は販売元としてはどうしてもアメリカの用なFUSHIGI動画になるかもしれません。

本当のアート性やエンターテインメント性を伝えるのは我々の役目と感じています。
そしてメインアクトを勤めるTOMOの活躍にも期待です。みんなで応援しましょう。

今のネット社会で私たちには個人でも発言の力があります。 もしFUSHIGIに違和感を覚えたならば文句を言うのではなく、「自分はこう思う」という意見をきちんと表明していきましょう。

それはやがて大きな波になり、FUSHIGIが良い形で広がるきっかけにもなるでしょう。 また正しいコンタクトジャグリングの情報を発信することも必要だと考えます。

もしご自分でコンタクトジャグリング関連のサイトやブログをお持ちの場合はFUSHIGIとコンタクトジャグリングに関する記事を書いてみてはいかがでしょう?

またコンタクトジャグリングという言葉を書く際に(FUSHIGIという名でもBANDAIから販売されている)などと注意書きをつけておくとFUSHIGIを先に知った人が後からオリジナルのコンタクトジャグリングにたどり着くきっかけになるかもしれません。

偏った情報が流れないように私たちからもコンタクトジャグリングの情報を発信しFUSHIGIと共存していけたらいいと考えています。

もちろんそうやってコンタクトジャグリングが広がった先にはコンタクトジャグリングコミュニティーと昔から近い間柄にあるほかのジャグリングやポイにも世間の目が向き、一緒にコミュニティが活性化していくことになるであろうことを期待しています。

FUSHIGIは自分たちが歓迎し、ともに成長することでアメリカよりも断然良い形で日本に広がりジャグリングコミュニティーを成長させる起爆剤になり得る、そうワタシは考えているアルヨ。

追伸

おこたんぺのコンタクトジャグリングDVDもまもなく発売開始予定です。 販売はおこたんぺホームページまたはポイコミュニティーでも告知します!

関連リンク


コンタクトボール75ml

FUSHIGI by BANDAI

FUSHIGI USA

おこたんぺyoutube 100万ヒットのコンタクトジャグラー’ (フシギの道を極めし男)

コンタクトボール(フシギのオリジナル)

コンタクトジャグリングオンラインレッスン(フシギの無料動画レッスン)

関連記事

 

FUSHIGI (フシギ)・バンダイ おこたんぺの日記

 

 

フシギボール日本上陸! | ジャグリングな日常。

 

超人発掘日記: FUSHIGI(フシギ

 

FUSHIGI: マジック紳士-HIGE-

おこたんぺから依頼がありポラリスのPV撮影をしました。編集はおこたんぺ、撮影はYutacameraです。
アメリカ出発直前でどたばたしてましたが良い映像がいっぱいとれてよかったです。

(そしてこの翌日体調を崩し、アメリカ行きの飛行機のなかで気を失いかけました・・・)

X3で撮った最初のビデオ作品です!しかもPOIじゃなくてコンタクトボール(笑

X3のウリは夜の強さとボケ味、ということで新宿、渋谷の町を歩きながら撮影、立ち止まってコロコロ、また移動、という具合に撮影してきました。

コンタクトボールはどこでもポンとできてうらやましい限りです。POIを回そうと思ったら端っこにいって誰もいないときにやらなきゃいけませんが、コンタクトは自分ひとり分のスペースがあればどこでも舞台になってしまう。カメラを回して30秒で人が集まり、1分で人だかりが出来上がります。

コンタクトボールができれば多分一生飢え死にはしない気がします。

今回の映像で使った音源はナカムラサトコさん。ポイズンペでパフォーマンスをしたイベントでごいっしょした、とっても素敵なオルガンひきのシンガーです。優しい歌を歌って聞いている人たちを幸せにしてくれるので機会があればライブかサトコさんのお店に遊びに行ってみてください。

今回使用したカメラはもちろんCaonon Kiss X3です。ダブルズームのキットレンズ(EF-S 18-55mm F3.5-5.6 , EF-55-250mm F4-5.6 )と単焦点のEF50mm F1.8 II でレンズを付け替えながら撮影しました。

18mmの広角の使い方や、クレーンでの撮影(風味の三脚使いでの)撮り方がわかったのでだんだん楽しくなってきました。

渋谷のシーンで意識したのは映画バベル、まねしました。

次は自分の動画を撮りたいです。

が、自分で自分は取れないので次回はおこたんぺ監督の撮るYutaのポイ動画になると思います。

ポイコミュニティーTVの欄に追加したのですがブログでも紹介しときます!

去年の5月、Jujumoのまことさんに誘われて行ってきた初の東北、岩手!

ポイズンペでのショーの後、まことさん、こまつさんと即興パフォーマンスをしたときの映像が綺麗だったのでアップしました☆

こまつさんのピアノとトランペットが凄すぎ!

そしてポイになってからのマコト×こまつの即興がかっこよすぎてたまりません。

またこんな音楽に合わせて踊りたいなぁと思うパフォーマンス歴代ナンバーワンだとおもいます。

こまつ

まこと

おこたんぺが自分自身をはじめてちゃんとプロデュースしました!

滑らかな動き、最近さらレベルアップしています。

去年の今頃いっしょにパフォーマンスをして、自分もクリスタルボールの購入をきめました。

でもホントは4年前にコンタクトジャグリングを始めようと決意し、ステージボールを買いましたが、全然やりませんでした。

コンタクトジャグリングを始めるなら絶対にクリスタルボール(アクリル)を2個以上買ったほうがいいです!練習をする気になるし、練習しやすいから!!

4年前に初めてコンタクトジャグリングに出会って衝撃を受けたのはMiss Frixです。

彼女はもっとも尊敬するパフォーマーの一人で、人柄もすばらしいです。

EJCではIntrikaとしてパフォーマンスをしたのを見ました。幸せな気持ちになれる、非の打ち所のないショーでした。

website

Okotanpe

Intrika