Firedrumsの最近のブログ記事

一ヶ月が過ぎましたが、ファイアードラムスレポートをついに書きます!

2010年ファイアードラムスは天候に恵まれ、過去最高のファイアードラムスでした。

美しいレッドウッドの森の中で開催されるファイアースピニングイベント。朝から晩までワークショップがあちこちで開催され、お店もファイアー道具のお店、ライトのお店、アクセサリーやお面のお店などあり、イベント会場はどこに行っても楽しい雰囲気です。

Annetaのワークショップは超エネルギッシュ。そして面白い。ず~っと笑ってました。

最初5人くらいで始まった僕のワークショップは最後はこんなに集まってくれました。みんな楽しんでくれていてほんとによかった!

会場は本当に遊び心に満ち満ちていて、みんな楽しいことをどんどんシェアしています。

スラックライン(つなわたり)を用意しているカップルがいてトーマスがはまってました。

「いっかいやってみて!楽しいから!」

といわれてやって僕も挑戦してみたら見事に綱が股間に命中しました・・・
初めての人にやらせるには縄が高すぎです。

そのほか木の調査や保護を仕事とする(といっていたと思う)プロの人が準備した木登りを体験できたり。

僕もてっぺんまで登りました。ロープで自動で登れると思ったら実は自力で登ってロープは安全のためのプロテクターでした。結構ハードだったけど頂上の景色は最高!

会場では暇をみてバランスポイの写真をとりまくってきました!

まさかのバランスポイ!取って置きの秘技をファイアードラムスで公開しアメリカをあっといわせてきました(笑
詳しい映像はPOITV CH3 バランスポイでどうぞ。

夜はドラムの音が鳴り響き、その中で世界中から集まったファイアーダンサーが自由に踊っています。

ファイアースペースは円形で一晩中エネルギーが円の中心に見かってそそがれています。円を描くことでつくるファイアーパフォーマンス、円形のステージもそのエネルギーの源になります。

華麗に舞う人、誰も見たことのないテクニックを披露する人、グループで作った振り付けを披露する人たち、面白い表情やジェスチャーで笑いを取る人。円の中で様々な個性的なパフォーマンスが同時に行われ、皆のびのびとパフォーマンスをしている空間がとても好きです。

ここに居るといろいろなことを感じ、成長できます。自分は自分でいいということを初日に思い、どんどんとポイが自由に広がっていくのを3日目の夜に感じ一晩中踊り続けました。ポイはこんなにも楽しいんだ!そう全身で感じ、全身で発信した夜。最高でした。

最後の夜から最終日にかけては霧がたちこめてとても幻想的な夜に。

これまであえてファイアーダンスにこだわらず、むしろ避けて「ポイダンス」を全面に考えていました。だけどFiredrumsですごすうち、ファイアーダンスの奥深さ、特別さを理解しました。他にも美しいダンスはたくさんある。ジャズでもバレエでも。だけどファイアーダンスはファイアーダンスのユニークさがある。振り付けをつくって踊ることも素晴らしいし、綺麗な踊り方を覚えることも素晴らしい。だけど、美しさを追求して本当に美しいと思える美しさにたどり着くことは難しいし、それはきっと自分の求めているものじゃない。

自分の内側からあふれる感情や思いと、自分の目の前にいる人たち、そして音楽と作る【今】この瞬間をつなげて表現するのが自分が今思う「踊る」って事なんだ。

そして踊ることをより強く・深く・そして感動的に増幅してくれるのが炎。より自由に表現の幅を広げるのがポイやダンスのスキルではあるけれど、一番の根っこの部分は自分自身の心。その全てがつながったとき、ファイアーダンスは人間の本能にダイレクトにつながる最高のアートになるんだ。

ポイは素晴らしい、楽しい。だけど自分はポイだけじゃなく、”ファイアーダンス”が好きなんだ、ということを初めて強く自覚しました。ファイアーダンスの文化を今まで以上に誇りに思える、そしてもっと進化していきたい。そう思う心が芽生えました。ファイアードラムス、機会があれば是非行ってください。そこにファイアーダンスの今があります。

Firedrums2010アルバム

サンフランシスコの真ん中、ユニオンスクエアーでナショナルダンスウィークの一環としてGlitter Girlの主催したファイアーダンスエクスポ、今年も行ってきました。

今回は9番目。出番までに懐かしい面々と1年ぶりの挨拶をしてあっという間に時間は過ぎます。

日本で新宿雑技団にいたRuceやOliverたちと会ったのに写真を撮り忘れました・・・

パフォーマンスはJFF2009で作ったものを再演しました。
まだところどころミスがあったりしてまだ振り付けを追いかけている感じはしましたがそれでもこれまでよりも気持ちを載せることを優先したパフォーマンスになってきたかなぁとおもいます。みんな喜んでくれていたので良かった!

Temple of Poi Expo 2010Temple of Poi Expo 2010

Aileenはファイアー界の妖精のように綺麗でパフォーマンス中はシーンとなって見入っていましたがパフォーマンス7ガ終わるとかなり大きな声援があがりました。日本にファンが多いのでビデオをアップしました(本人の許可を得ました)

またZanとAuroraのショーはダンサブルで気持ちの良いショー!bannyanは面白いしオーストラリアUberOzで友達になったRobが何と来ていて彼のパフォーマンスはエネルギー満点で笑いにあふれていました。

ファイアーダンスがダンスとしてどんどん進化しているを肌で感じます。 振り付けがきちんと作りこまれていたり、ステップが綺麗に揃っていたり、衣装が綺麗だったり、笑いが起こったり・・・

この素晴らしいアートパフォーマンスの世界に携われていることを誇りに思います。踊るって素晴らしい!

※カメラはKiss X3レンズは Sigma 30mm F1.4を使用しました

追記 自分のパフォーマンス動画を見つけました!

廃工場を利用した、集合住居。

各住居は異なる形状で、その形状を利用して、すんでいる人たちがそれぞれリフォームしている。

ファイヤーダンサー、ミュージシャン、ダンサー、ペインター、

あらゆるジャンルのアーティストが住んでいる、
ものすごいエネルギーが集まる場所。

一日中、好きな時間に好きなだけ練習ができる空間。
気の会う仲間といつでも集まってパーティーが開ける家。
アーティストの誰もがうらやましく思う、

そんな場所がVULCAN。

 

 

日本でどうしたらこんな場所が作れるのか?

それをいつも思っていた。

 

毎日好きなだけ練習ができる。

いつも刺激的な仲間が周りにいる。

そんな場所をいつか日本でも。

 

そう考えていた。

 

 

いつかそんな場所が見つかったらどうしようか?

 

たとえばVULCANのような場所がその辺に落ちていたらどうしようか(笑)

そう考えてみた。

 

・毎日もっと練習する時間を確保する。
・練習に必要な設備(鏡・道具・床や壁へのマーキングなど)をそろえる
・定期練習をPoismやその他の皆と開き、グループパフォーマンスをたくさん作る。
・幾通りかの素晴らしいショーの構成を完成させ、パフォーマーとして、活動する場を増やす。
・映像・音響設備を整え、プロジェクターを使った練習を実践する
・ヨガをするスペースをつくり、毎朝ヨガを気持ちよく行えるスペースを作る。
・poiカフェをつくる。
・映像用のスタジオスペースを作り、DVDを定期的に作成する。
・道具を作成する工場を作る。
・道具の輸入・作成・販売を始める。
・毎週自由参加の練習会を主催する。
・海外からアーティストを招待する。
・JFFの本部を作る。
・定期的なポイ教室を開催し、収入源とする。
・ポイコミュニティの事務所を作り、PC・ネットの得意な仲間とともに、ポイコミュニティを運営・発展させる。
・ジャパニーズポイ・ファイヤーアートのエネルギーが集う、中心的場所を作り上げる。
・他のアーティスト・パフォーマーに貸し出すスペースを作り、アートの交流の場を作り上げる。

・・・これはつまり、

自分が将来、

実現したい計画や夢??

 

VULCANは夢が現実となっている、世界的にも珍しい場所なんだ。

正しく、意識的にそういう場を作っていくことができれば、
和製VULCANは、きっと世界にエネルギーを発信できる場になる。

もっと、笑顔や希望や活気を日本に溢れさせることのできる、
そして世界とつながっていける。

そんな場を作れたら素晴らしい。

 

夢を目の当たりにしたこと、

日本に帰ってそのことに気がついた。

 

みなにもっとVULCANという場を知ってもらい、
日本の夢をもったパフォーマーとともに、
次のステップへ進みたいと思う。

イベントに参加し、初めて概要がつかめた。
素晴らしい、最高のイベントだと。

これは自分が日々のメールのやり取りだけで十分疲れていて(言い訳)
ホームページの英文を読む気力がなくなっていたのが大部分の原因だけど、
もしもっと概要がさっと見えるようなホームページのつくりにしていれば、
この素晴らしいイベントを、自分が張ったリンクをたどっただけの人も理解できるだろうと思う。

これはJFFのホームページを作るときの参考になると思う。
もちろんポイコミュニティも。。


Fire Drumsをまとめると、

「Fire Performance, Fire Artが好きな人たちのためのコミュニティイベント。」


対象は「ファイヤーダンサーとその周囲を取り囲む人たち。」


外に向けて、ファイヤーアートの素晴らしさを訴えるイベントではない。


ファイヤーが好きな人たちが自分たちのアート、アイデアをシェアし、
皆で作るその空間を楽しむことがメイン。


どこに行ってもPOIが回っているし、
皆笑顔で楽しそうにPOIの話をしている。


とても居心地がよく、かなり熟成されたイベントだった。


それぞれの視点でこのイベントのレポートを残します。




【 良かった点 】

・美しい森、池のあるキャンプ場、みんなでご飯を食べることの出来るスペースがあったこと。
 その雰囲気すべてが心地よく、温かく、楽しい気持ちで過ごせた。
・個性的なパフォーマーが、自分の好きなとき好きなタイミングで次々にパフォーマンスをしていて、
見る人も、パフォーマンスするほうも気持ちよく出来た。
・常に焚き火があって、パフォーマーを照らすことと、暖を取ることが同時にできていた。
・いつもワークショップが行われていた。
・ワークショップが無料だった。
・アーティストはチケット代は無料で参加し、そのかわり1~2コマのワークショップを担当。自由にパフォーマンスもできた。
・参加者皆が手伝っていた。
・ファイヤーセーフティーがちゃんとしていた(消火用の布を持った人が常に5~6名いた)
・ゴミ箱が外にないのに、ゴミはほとんど落ちていなかった。
・映像・写真の撮影チームがいて、毎日撮影用の時間枠があった。

【 改善できる点 】
・ショータイムがあっても良いと思う。(参加するあーティーストに多少のプレッシャーがかかるけれど。)


【パフォーマーと良かった点】
・常にパフォーマンスを意識して場に立っていた。(見ている人、見たい人を意識していた)

パフォーマーとして改善すべき点
・最後の夜、もっとパフォーマンスをすべきだった。

・間をとること、ポイを回す以外のことを磨く。
・点火の仕方。
・おお!っと思わせる意外なつけ方を
・見とれてしまう、優雅なつけ方
・点火して回すまでの居方。
・引き込まれるようなオーラを放つ立ち振る舞い
・わくわくする、表情にストーリーのあるPokiのようなスタイル
・動きの偏りをなくす。
・緩急のとりかた。
・ゆっくり回すー早く回す
・回さず、とまってあたりを見回すだけで場は自然と盛り上がる
・場の使い方。
・動かないことも大切。
・大きく場を使うと盛り上がる。
・アートなパフォーマンスと、エンターテインメントなパフォーマンスを意識して使い分けられること。
・表情と回し方、動き方で魅せる。
・エンターテインメントなパフォーマンス。
・声を張り上げ、あっと言わせることのできるコンビネーションを魅せる
・もっと魅せるコンビネーションを作る。


【パフォーマーとして得ることの出来たプラスの体験】
・ポーキーに会えた
・ライブパフォーマンスの躍動感を体験した
・自分がどれだけの人に影響を与え、期待されているかを知った。
・もっと前へ、そう強く思う、最高のインスピレーションを得た。
・ポイだけでは作りえない"ファイヤーパフォーマンス"の躍動感、潜在力、人を魅了することを再確認した。

【 感動したこと 】
・アメリカのスピナーの多様性と、エネルギー。
・ポーキーの周りに出来る、エンターテインメントな空間。
・すべてのアーティストを受け入れ、皆でリスペクトし合う、温かい空間。
・hannah kamalaの優雅で美しいパフォーマンス。
・ファイヤーダンサーの男女の比率がほぼ同じくらいかむしろ女性が多いくらいであったこと。
・常に前に進む、新しいことを皆で共有する、エネルギッシュなパフォーマーたち。
・朝靄のなか、imaがパフォーマンスしていたその画。
・ノエル、ハナとみた、静かな夜明け。
・10時すぎにおきて、メインプレイスに行ったときにみた、朝霧のなかでポイを回すみなの姿が美しく、そして神聖だったこと。
・静まりかえったなかで聞こえるヨガのレッスン(?)の音楽。pierの上でみた静かな景色。
・丘の上でみた霧の中の木々。
・笑顔
・アーティスト皆で作り上げているイベントだということ。


【 今後の課題 】
・感動を与えるパフォーマーになること。
・数種類のスタイルを作ること。
・英語力
・日本に感動を持ち帰ること
・JFFで海外と日本をつなげること
・ワークショップの改善。新しいワークショップ。
・名刺をちゃんと携帯する
・笑顔とポイの写真を撮り、ポイの作る素晴らしい人の環(和)を発信する。


【JFFの課題】
・もっとコミュニティイベントへ!
・焚き火を出来る環境
・パフォーマンススペースを区切る焚き火
・自由にパフォーマンスが出来る時間を作る
・ごみは持ち帰ることを強く書く
・ワークショップのあり方。(アーティストは招待される代わりにワークショップを行う。参加は無料であるべき)
・コミュニティーフードについて。
・チルアウトスペースについて
・レネゲートショー
・タイムテーブルを作る
・海外参加者用のホストファミリーのリスト作成
・映像作成チーム(パフォーマーの映像)
・ファイアドラムスのページを研究

Firedrums 2008 夢のような4日間でした。

arashi's workshop

Redwoodに囲まれたSunta Cruzのキャンプ場で行われた、
アメリカ中のファイヤーダンサーが集まるイベント。

昼間は一日中ワークショップが同時に4つ開催されていて、
夜はドラムのセッションが行われる中で、個性的なパフォーマーが、
次々にパフォーマンスを行う、ものすごく刺激的なイベントでした。


メインスペースのすぐ近くには大きな池があり、
夜になると霧がでて、その中で行われるファイヤーパフォーマンスは
ものすごく幻想的で、本当に最高のシチュエーション。

パフォーマンススペースには5,6名が同時に入れる位のスペースがあり、
同時にトップクラスのアーティストが入り、どこを見て良いのかわからないくらい、
一度に多くことが起こっていて、歓声が止まることは無かったです。
最後の夜明けの霧は一段と濃く、その中でポイが回っているのは、
夢か映画を見ているようで、涙がでました。

そんな最高のイベントの中に自分が招待され、多くの人に見られていることがとても信じられず、
本当に夢のような4日間でした。

group photo

言葉では言い表せない感動と体験、
できるだけ早く映像と写真を公開できるように頑張ります。

これから2日はVulcanでいつものようにpoiを練習して、
ロサンゼルスへ移動します。

アメリカで一番プロフェッショナルとして活躍している、
Firegroovesのところでワークショップと映像撮影をしてきます。

まだまだ刺激的な日々は続きます。

Date Title
2008年4月29日 04:07
Temple of Poi Expo
ナショナルダンスウィークの2日目、グリッターガールことイザの主催する、Temple of PoiのEXPO。 30名以上のファイヤーダンサー、そのうちの半分くら
2008年4月21日 07:48
Fire Drums 2008
  Fire Drums 2008!! 4月22日からアメリカに遠征! 招待をされたイベントはFireDrums 2008 in USA サンフランシ