目標・タスクリストの最近のブログ記事

先日妹がいけなくなったとのことで、チケットを譲ってもらった東京事変のライブに行ってきました。

メジャーアーティストのライブはBjork 来日の武道館以来、その前はマドンナでした。

椎名林檎の歌唱力は本当に素晴らしい。圧倒的な声量で、Bjorkのときに感じたものに近い力強さでした!
演奏もカッコイイ、照明がものすごいことになっていた、きっと凄い照明家の人がいたのでしょう。
Idevian Crew のダンスも入っていました。映像もスクリーンを上下左右移動させたりしつつ曲ごとに演出をかえていて、総合的なエンターテインメント空間を作っていました。

そう、エンターテインメント、パフォーマンス、舞台。ポイもパフォーマンスアート、一緒に見に行くのがダンサーであればなおさら。楽しみながらも、パフォーマー視点になりいろいろと吸収したい、勉強モードになります。そんなメモ日記です。

映像は違うライブのものですが、こんな風に躍動感あふれる感じのライブを堪能することができない、横浜アリーナの一番上の一番後ろ、見事に最後列でした(笑
素晴らしい歌声に素晴らしい演出、カッコイイ演奏だったけど、舞台上で何が起こっているかは見えずとても残念!

やっぱり会場全体に一体感を持たせるためにあのサイズならば大きなスクリーンに舞台上の映像を流すべきだと思う。舞台演出用の映像はあったけどそれとは別にあった方が良い。
「実は本人じゃなかったんだよあれ、」
といわれてもそうかもしれない、と感じるくらい小さくて見えなかった。正直あの位置では満足できなかった。。。
ビョークのときはもう少し近かったけど、より酷かったと思う。映像を投影するものが一切なくてもやもやしたライブだったのを覚えています。
逆に今回は前の方にいた人は絶対に楽しかったと思う。衣装は何度も変えていたし、椎名林檎本人にも振り付けがあり一緒に踊っていた(ようだった)。きっと半分くらいのサイズの会場ならみんなが満足できる舞台だったと思う。

舞台上のダンサーもOSCAの映像では凄く面白かったけど、あの大舞台ではあまり見栄えがしないなぁと思った。
きっとIdevian Crewnoのパフォーマンスは表情まで見えて、日常の中にある非日常的な雰囲気が面白いから、あの距離でスクリーンにもうつっていなければあまり見栄えがしないのだろうと思った。
舞台アレルギーが最高に面白かったから次回の公演もきっと見に行くのだけれど。

近い距離で見せるパフォーマンスと、大きな舞台で見せるパフォーマンスは当たり前だけどまったく見せ方が異なる。それを再認識できてとてもよかった。
EJCでも同じことを感じた。最後尾で照明の少ないなか見るパフォーマンスはこんなにも魅力半減なのか、と。

きっと自分のパフォーマンスは小~中サイズまでしか対応できない、同じ舞台に自分がたっていたら、と考えると一番後ろで見ている人には伝わりにくいと思う。
それでも手に何ももっていないダンスと比べるとポイを持てば大きいし、光るし、舞台に向いた演出には間違いないと思った。
大きい舞台向けのパフォオーマンスも作っておきたい。きっと大ちゃんが出たならばみんな大満足に違いないんだろうな。

ダンサーが踊ったり、映像演出がでたりするたびに、
「ああいうエンターテインメントの舞台にポイが使われるべきだ!」
そう強く思った。3人入ればきっと派手に盛り上がる。5人いたら圧倒的。
なんでまだこういうエンターテインメントの舞台の演出として、ポイを目にすることがないのだろう、と思った。
それはつまり自分の活動が足りていないのだと再認識した。

能動的三分間をライブでみて、凄くかっこよかった。そしてある思いつきもあった。
ああ、3分間て言えば本気で回せばポイがちょうど燃え尽きるくらいじゃないか。この曲に合わせてパフォーマンスをつくり凝った映像をとっておけばひょっとしたらどこからか本人に情報がたどり着き、あの舞台に立つことができたかもしれない。
と。
もちろんあの曲は完成されていてそこにポイは余計だと思うけど、アプローチとして好きなアーティストの曲でパフォーマンスを作りこみ、アピールするということも可能だということ、そしてそれをいままで積極的にやってこなかったこと。

ポイがメジャーになるときに、いつかはテレビ等でも流れることになるとおもう。
そのときにどうやって映るか。

そういう話を海外でNickらとしたことがあった。

ちゃらちゃらした感じのアーティストの後ろに安っぽくで出されたくはない、「アーティスト」として理解のある人にポイを使ってもらうのが良い。
何人か名前があがったけどBjorkとかはまさにアート。そういう人がポイをどこかで使ってもらえたら良い。
きっと東京事変、椎名林檎にも格好良く扱ってもらえると思う、解散しちゃうけど。

そういう素晴らしいアーティストの人たちに面白い、そう思ってもらえるに値するパフォーマンス映像を作って発信していくべきだ。
そのためにもっとポイ、パフォーマンスに真剣に取り組もう。そういう情熱がわきあがった。

つまり東京事変解散ライブにエネルギーを注入された。行ってよかった!

ちなみに、マドンナのライブは最高でした。

マドンナのことを知らなかったけど、いって世界中で絶賛される理由を体験しました。
エンターテインメント性ととアート性を同時に見せることを完璧に行い、まったく非の打ち所はありませんでした。遠い席でしたが大満足でした。
もし来日したら絶対見に行きたい!

きっとThis is it が本当に公演されればすごかったのでしょうね・・・。

報告が遅れましたが、忍者ポイコンテスト、皆様の応援を頂いたのに残念ながら優勝には至らず3位入賞でした~。

1位の写真、きれいですね~、でも忍者ディスコや忍者ハートはかなり面白いと思ったのですが、コンテスト会場のサムネイルを見ただけでは何が何だかわからなくてクリックする人がすくなかったのでは・・・という気がしますが、次はもっといい写真をとります!

だから今度Canonからフラッシュの新しいのがでたら真っ先に買うためフラッシュ貯金をすることにしました。

今年も残りわずかですがいろいろとやることが盛りだくさん!頑張ります。

・ Flowtoys 映像

はい、春にトーマスととった映像を出さなくてはいけないので頑張ります。

・ Poicommunity リニューアル

新デザインになって2年近くたち、よく使う部分、ほとんど使わない部分がわかってきました。またfacebookやgoogleSNSも盛んになってきた(くる)のを考えてそれらと共存、発展するためにいろいろ対応しようと思っています。

まずはわかりにくく分かれてしまったレッスンとコミュニティーレッスンの統合、POITVとコミュニティーTVの統合、またはすべての動画関連項目の統合と共存をどうすればいいかを考えつつ、より使いやすくしていきたいです。

・ ポイパフォーマンスの作成

新しいパフォーマンスをつくりたい!そして作るためのアイデアがいろいろあふれてきています。最近久しぶりにポイを初めて1~2年目の頃くらいに新しい考えが次々湧いてほんとにポイが楽しいし、自分のポイが好きになってきた!ので、もっともっと頑張って成長した姿が魅せられるよう、突き進みます。

・ ポイDVDの完成

おこたんぺと作っているDVD,いい加減に完成させなくては心が痛いです。

・ ポイショップ

なぜか管理用に使っていたECCUBEというショップサイトが外部にもれ、裏で運営していたポイショップに注文が入り始めました。そろそろショップをちゃんと作りなさいという神(かGoogle)からの指令なのでポイショップはじめます。

・ マル秘でもないポイクロック企画の完成

今年頭から動いていたポイクロック企画というポイを世界に広める秘密兵器の公開!もう一歩なのです、徐々に情報を出しつつ、グランドオープンしたいのでみなさんFacebookのポイクロックページをいいねしていてくださいね。

POICLOCK

ポイクロックに関する求人!

HTML5 + Javascript + CSS3

で何か作りたいと思っているその筋の先端にいらっしゃるかた!
もしくは Flash ( Action Script )が得意なかた!

是非ご協力ください。すんごい面白い企画ですので一緒につくりませんか??

あ、ちなみにタイトルにあるポイ忍者とは2006年にNickにJapanese Poi Ninjaと呼ばれた僕のことを指しています。

 

昨日井の頭ポイのあとの新年会で、今年の展望をいろいろ話した中で「明日こくちします」と宣言したイベントについてまだいろいろなことが未定ですが書いておこうと思います。

JCJCとはジャパンジャグリングコンベンションのことで、代々木公園で開催されるコンタクトジャグリングのイベントで、2007年から毎年開催されています。昼間はワークショップ、夕方に有志のパフォーマンスタイムがあり、スキルの共有と発表の場として最近では全国からの参加者もあるちょっとした有名イベントになりつつあります。

ポイは井の頭ポイで練習会はあるものの、がっつりとワークショップ(教室)があって、普段パフォーマンスを本業(?)としない人が気軽にパフォーマンスできるような場はほとんどありません。

そこで井の頭ポイとは別に、充実したワークショップとパフォーマンスの場を設けた集まりを数ヶ月に1度開催したいと思っています。

昼間10時くらいから開催して、ポイ好きな人たちにワークショップの講師を1時間前後の枠で開催してもらい、夕方日がくれるまえからパフォーマンスタイムを儲けて、ライトを使わないパフォーマンスをする人を先に、ライトを使う人を後にして気軽にショーをしてもらい発表の場としたいなぁと思っています。

JFFは年1回あるけど、それ以外にもモチベーションを上げるための機会を作るべきだと常々考えていて、火を使わないパフォーマンス、とくにライトもつかわない昼間のパフォーマンスをつくるひとがもっと増えてほしいし、見てみたい。

そういう思いでこの会を開催したく思っています。(といってもまだ名前が決まってません。)

雨が降っても平気なように室内を、あ、室内をとれば日が沈んでも沈まなくてもライト・ライト以外のパフォーマンスをすきな順番でできますね。

理想では室内とそとと使える場所がいいですね。

まだ想像の段階ですが、日付は4月の第二週か三週の土曜日を予定しています。花見の混雑を避けるとやはり第3週かな??

なにかアイデアを思いついたらまた書き込みます。意見のあるかたはメッセージ・コメントをいただけると幸いです☆

ずいぶん遅くなったけど、でも今年こそはキチンと目標を立て、自分の芯を作って日々を生きたいと思っているから、完成していないけど、でも記録を先に残します!

この目標を元に、2009年めいっぱい生きます!!
ハッピーニューイヤー!

フランクリンプランナーを参考に、マインドマップを書いたり日記を読み返したりして出したこれからの目標。
この後この目標にきちんと日程を組んで、具体的に実行に移していきます。

とても遅くなったけど、

2006年1月5日にブログで掲げた目標を振り返ってみた。

今年については後で既述する。

​ ​ ​ ​ ​ ​ ​ ​ ​
Date Title
2007年1月 1日 00:00
2007 POI 目標
ずーっといろいろ考えてました。 最終的に、この二つ。 ◎1 ポイを日本に広める ◎2 自身の表現力を高める 他にいくつもいくつも浮かび上がる目標や課題や不安は,
2007年1月 1日 00:00
2007 目標 メモ
ポイではなく、自分のための目標のメモ。 考えても考えてもまとまらず・・
2006年12月 3日 22:51
ボー燃会
2日、新宿ポイコミュニティの新宿雑技団のボー燃会(忘年会)で、ダンサー明香と初パフォーマンスをしました。
2006年10月25日 00:41
10/24 大須大道芸
炎車baraさんに頂いたDVDを見て反省 ◇ショー ・道具が後ろでごちゃごちゃしてて汚い。キチンと整頓するべき。 練習ってダンスや構成だけではなく、そういった舞
2006年10月22日 11:03
第二世代ポイブログの役目
最近自分のやるべきこと、したいこと、優先順位があいまいで、どれもこれもが頭のなかでくるくる回っていて、どうしたらいいのかずっとこんがらがっていました。 もっと整
2006年6月 7日 20:21
poi blog
久しぶりのブログです。 先月からpoicommunityのブログはポイに関するネタ100%で、 もっと濃いものにして、自分の日記はmixiに使用と切り替えました
2006年3月 9日 01:43
poicommunity
ポイコミュニティ改修してます。 http://poicommunity.nobody.jp まだまだこれからですが、リンクの設定ミスとか、レイアウトが崩れるとか
2006年1月 5日 01:31
ポイ元年明けましておめでとう!
遅くなりましたが、2006年明けましておめでとうございます ポイ全国大ブームの年がついに明けました! 今この時点で僕の日記を見ているポイをやってる皆さんは日本の
2005年9月21日 08:30
スキル
いろいろなことを細分化すると頭の中がすっきりする。 前、バイト先の店長が人に
2005年8月28日 10:08
初日
今日からブログスタート!mixiだけではなく、poicommunityを見てくれた人や、偶然にたどり着いた人にもポイを知ってもらいたいし、新しく発見したことを共